最近のトラックバック

書籍・雑誌

ねじめ正一の『母と息子の老いじたく』


読み終わりました、ねじめ正一の『母と息子の老いじたく』。

母と息子の老いじたくというタイトルだけど、母と息子の話しは一部分で、あとは宝塚歌劇、ジュリーの話しや、娘との関係・・・句会・・・いろんな話しが盛りだくさん。
お母さんとのやりとりばかりかと思って読み始めたのですが、思いの外、色んな話しが沢山あって面白く読み進める事ができました。

半身不随になってなお、自分のことは自分で!という強い思いを持つお母さんと向き合いながら、一緒に過ごして行く時間は、きっと教わることが多いんだろうなぁって思います。うらやましいなぁ〜

壁井ユカコの『カスタム・チャイルド』

読み終わりました、壁井ユカコの『カスタム・チャイルド』。

遺伝子操作で、生まれて来る子供の容姿や能力を自由にできる時代となり、その遺伝子操作を行う企業が急成長していた。

その企業で遺伝子操作をして生まれて来た男の子倫太郎が親から強制返品され、そこに務めていた女性春野は勢いでその子供を引き取って育てる事になる。

その倫太郎と、アニメオタクの父親によりキャラクターに似せたオーダーで生まれた女の子レイ。そして、遺伝子操作を嫌う親から生まれた男の子清田が予備校で出会い、3人がそれぞれのコンプレックスや心の闇を持ち、反発し合いながらも友情を築いていく・・・

いや、確かな友情は築けているのかちょっと不明。あまりにも普通ではない複雑な出生と育って来た環境なのでねぇ。

屈折した感情を持ち合わせている倫太郎が、普通の親や友人とは異なるものの、倫太郎を育てた春野や遺伝子操作されていない友人清田らの人間としての信頼を感じ取り大事にしたいって思っているところが、ちょっとホッとさせられます。

でも最後の最後に・・・レイの存在・・・遺伝子操作された遺伝子の怖さを感じてしまいました。

食糧難のことを考えて研究された植物の遺伝子組み換えさえも、いろいろ問題視されている現在。人間だって病気の事を考えて遺伝子操作をなんてこともそう遠くない未来にありそうだけど、弊害は大きそうだなぁ・・・

服部真澄の『ポジ・スパイラル』

読み終わりました、服部真澄の『ポジ・スパイラル』。

東京湾で一人の環境庁の官僚が亡くなった。その死の謎を追いながら、諫早湾干拓問題を始めとする環境問題、海洋ゼネコン、そして未来の資源エネルギーなどが絡んでくる。

悪い方へ悪い方へと転がるネガティブスパイラルに陥った環境問題を、干拓事業の犠牲となった過去を持つ人気俳優が、環境問題を扱う番組のキャスターをつとめたことが、世論や政治を動かすきっかけとなり、やがてポジティブな方向へと好転しはじめていく。

小説ながらも、実際に諫早湾干拓などはとってもリアルな内容なので、ついつい現実と創作の境界が無くなってしまいそうだったぁ。現実でも、何かをきっかけに良い方向へ向かえばいいのになぁ

七尾与史の『死亡フラグが立ちました!』


読み終わりました、七尾与史の『死亡フラグが立ちました!』

事故で亡くなった人は、偶然に偶然が重なって不幸にも亡くなっていたかと思いきや、実は、それは偶然ではなく、巧妙にしかけられた罠に導かれ、死に至っていた。
オカルト雑誌のライターである陣内は、それらの事故が、顔もわからない「死神」によるものであることに気づき、その真相へと近づいて行く。

そして・・・

巧妙にしかけられた罠には、なぜかバナナの皮でとどめっていうのがねぇ ( ´艸`)プププ

咲乃月音の『さくら色 オカンの嫁入り』


読み終わりました、咲乃月音の『さくら色 オカンの嫁入り』。

母娘二人の生活に、突然、母が「捨て男」を拾って来る。そして、母は一回り以上も年下の彼と結婚すると宣言。突然の宣言に娘は戸惑いながらも、次第に男の人柄に触れ、二人の結婚を受け入れていく。 これから幸せな日が続くかと思った矢先・・・

みんなそれぞれ心の傷を抱えながらも強く生きいてる。自分が強くなろうと思えば、その先に幸せが見つかるかもしれない・・・な〜んて!

有川浩の『図書館革命』


図書館戦争シリーズ最終巻、有川浩の『図書館革命』読み終わりましたぁ。

原発テロが発生し、その内容が酷似しているということで、ある作家がメディア委員会に拘束されそうになり、その作家を守るため、図書隊はメディアを巻き込んで策を講じる。 しかし、次から次へと武力で作家の確保を進めようとするメディア委員会に翻弄されながらも、郁は最後の賭けに突き進んで行く・・・

最後、すっかりラブストーリーが前面にきてて、血みどろの戦いがあったのが嘘のようですぅ。 でもなんだか、今の時代に、ちょっと不器用な感じのラブストーリーがほほえましいわぁ

有川浩の『図書館危機』


読み終わりましたぁ、図書館戦争シリーズ第3弾、有川浩の『図書館危機』。

今回は、郁達の昇進試験の奮闘から始まり、

次は、世相社で人気俳優の独占インタビューをまとめて出版をすることになったが、「床屋」という言葉がメディア委員会での規制が入るため、「理髪店」などの言葉に置き換えたことから、俳優からクレームが入り出版が棚上げ状態になってしまう。この状態を打破することと、メディア委員会の規制に対抗する手段として、玄田隊長の奇抜な発案により、俳優と世相社が裁判で闘うことになる。その結果は・・・

そんな折、郁の実家のある茨城県の美術館で「自由」をテーマとした作品が最優秀作品となり展示されることになった。メディア委員会は、批判的なその作品を没収しようと武力攻勢に出て来る。それを、郁ら特殊部隊が大きな犠牲を払いながらも命をかけて警護を行い、その作品を守りきる。 沢山の人物の血が流されたことにショックを受ける図書隊だったが、この事件により、郁と両親の関係は良い方向へと向かう。

読み進めて行くうち、ちょっと涙してしまいましたぁ

有川浩の『図書館内乱』

図書館戦争シリーズ第2巻、有川浩の『図書館内乱』読み終わりましたぁ。 今度は、小牧教官の幼なじみで耳が不自由な鞠江ちゃんが絡んだ事件が発生! 耳が不自由になってしまったことが原因で、学校に行かなくなってしまった鞠江ちゃんをずっと見守って来た小牧教官。小牧教官のことを慕って、図書館へ通うようになったのに、耳の不自由な主人公の本を勧めたということで、メディア委員会に連行されてしまう。図書隊は、鞠江ちゃんの協力のもと、奪還作戦が動き出す。

見事小牧教官を奪還するが、次の災難は郁に降り掛かる。 郁が、検閲図書の隠蔽事件に巻き込まれ、査問にかけられることに・・・

本を巡って次から次へと事件が起こりますなぁ。それぞれの本への想いが強いってのはわかるけどね。 さて、次はどんな事件が起こるのでしょうか?

有川浩の『図書館戦争』

読み終わりました有川浩の『図書館戦争』。

メディア良化法の成立後、行き過ぎた検閲から本を守る為に作られた図書隊という組織。学生の頃、買おうとしていた本を良化隊員から守ってもらった図書隊の人を王子様と崇め、その王子様に会う為に、図書隊に入隊した女性隊員の郁。
身体能力は抜群ながら、不器用で失敗ばかり。それでも真っすぐな気持ちを持っている郁は、エリート集団である特殊部隊に大抜擢。そして、過去の資料を巡って、良化機関と図書隊が武力で相対する事態が発生する・・・

最初の方は、いきなり軍隊の訓練のような話から始まるので、読めるかなぁ?って思ったけど、読み進めるうちに面白くなってきたよぉ。

次の巻では、特殊部隊に配属されたことを親に内緒にしていた郁だったが、親が職場訪問することになって大慌てって話からスタート。その後、どうなるかなぁ?

林真理子の『RURIKO』

読み終わりました、林真理子の『RURIKO』。
大きな瞳を持つ美少女は、女優になるべくして女優になり、大女優へと育って行った。
終戦、映画の華やかな時代、映画の衰退・・・と大きく時代は移り変わって行く中で、飄々と生き抜いて来た感じ。
女優であることに無理が無いからなんかなぁ。きっと生まれながら女優なんでしょうね。
若い頃の映画とかは観た事ないけど、映画監督と恋をしている時に作られた映画って観てみたくなったわぁ。

より以前の記事一覧

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ