最近のトラックバック

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 壁井ユカコの『カスタム・チャイルド』 »

曽根圭介の『沈底魚』


読み終わりました、曽根圭介の『沈底魚』。
第53回江戸川乱歩賞を受賞したという作品。

日本の国会議員の中に中国のスパイがいるということで、極秘裏に操作が始まった。その指揮官として警視庁から女性キャリアが送り込まれるが、捜査員らは独自に動き始める。
そんな中、次期総理かと言われる大物議員にスパイ疑惑がかかる。
その議員の秘書だった女性が行方不明になり、また捜査員の情報源となっていた人物が殺されたり、捜査員の中に二重スパイがいたり・・・

最後の最後に、使えるものは徹底的に使い、必要なくなればバッサリと切り捨てられるという非常な現実に、いったい誰を何を信用したらいいのかわからなくなってしまいます。

話しは結構面白いはずなのに、私は思ったよりなかなか読み勧められませんでした。なんでかなぁ・・・

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 壁井ユカコの『カスタム・チャイルド』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408976/43660055

この記事へのトラックバック一覧です: 曽根圭介の『沈底魚』:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 壁井ユカコの『カスタム・チャイルド』 »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ