最近のトラックバック

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

服部真澄の『ポジ・スパイラル』

読み終わりました、服部真澄の『ポジ・スパイラル』。

東京湾で一人の環境庁の官僚が亡くなった。その死の謎を追いながら、諫早湾干拓問題を始めとする環境問題、海洋ゼネコン、そして未来の資源エネルギーなどが絡んでくる。

悪い方へ悪い方へと転がるネガティブスパイラルに陥った環境問題を、干拓事業の犠牲となった過去を持つ人気俳優が、環境問題を扱う番組のキャスターをつとめたことが、世論や政治を動かすきっかけとなり、やがてポジティブな方向へと好転しはじめていく。

小説ながらも、実際に諫早湾干拓などはとってもリアルな内容なので、ついつい現実と創作の境界が無くなってしまいそうだったぁ。現実でも、何かをきっかけに良い方向へ向かえばいいのになぁ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ