最近のトラックバック

« 登記完了! | トップページ | 大阪の夏はハモですよ! »

東直己の『探偵はバーにいる』

51jercht2l_sl500_aa300_

読み終わりました、東直己の『探偵はバーにいる』

9月に大泉洋さんと松田龍平さんで映画化されるので、早速読んでみることにしましたぁ。
映画は『探偵はBARにいる』ってタイトルやけど、原作はシリーズ2作目の『バーにかかってきた電話』なんだって!

やはりシリーズものなら最初から読まねば!ちゅうことで、シリーズ最初の『探偵はバーにいる』からスタート。映画とタイトル一緒やからややこしいやんかぁ ( ´艸`)プププ

ススキノで便利屋のような探偵をしている俺のところに、大学の後輩にあたるという男から、同棲している彼女が居なくなったので探して欲しいという依頼が入って来る。
彼女の行方を探すうち、殺人事件に巻き込まれ、ヤクザには脅されたり、見知らぬ奴らに襲われたり・・・、さらに大学時代の講師からの別件依頼が複雑に絡んで来て・・・
ボロボロになりながらも、強靭な体力と見栄の気力で走り回り、依頼を片付けて行く。

で、見つけ出された彼女・・・あきれるというか、訳わからん女だったのよねぇ〜

さて、次は映画の原作になった『バーにかかってきた電話』に行きましょう!

« 登記完了! | トップページ | 大阪の夏はハモですよ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このシリーズはぜんぶ読んでるけど.....
いか~ん!
探偵はメタボ・オヤジの星なのだ!
映画の大泉はイメージちぁうやんかい。
ちなみに「フリージア」のシリーズも読んでみてね。
こちらは寡黙な元ヤクザが主人公。
探偵とも2度ほど共演しますから。

kiichiさん、
さすがぜんぶ読んでましたな!
えー、この探偵ってメタボなの?
オヤジだとはわかるけどメタボだったとは・・・
まぁとりあえず次読んでみるわ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408976/41067478

この記事へのトラックバック一覧です: 東直己の『探偵はバーにいる』:

« 登記完了! | トップページ | 大阪の夏はハモですよ! »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ