最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ムーちゃんで〜す

110123_180701

最近、母の施設に登場したムーちゃんで〜す!

母のいるフロアーの片隅にいて、入所されている人たちの癒し犬として活躍してます。

私が近寄ると、ビビって後ずさり。

でも、この日はあんまり怖がってなかったような気がする・・・ (^-^;

車椅子の入所者さんの膝の上に乗って、外へお散歩に行ったりしてたよ。

早く私にも慣れてもらえるように、毎週撫で回してやる〜っ

他力でゲット!

会社の人が集めたシールでゲットしたカップたち。
思いの外、使いやすい大きさで重宝しておりますぅ

110123_154501

堂場俊一の『孤狼』・『帰郷』

41u8exjntbl_sl160_

Bt000010107200100101_tl

『雪虫』『破弾』を続けて読んだのに三冊目の『熱欲』が無かったので、飛ばして四冊目の『孤狼』を読み始めたら、なんと小野寺冴が警察を辞めて探偵になってたぁ!

えぇ〜、やっぱ三冊目を読まないといけなかったのかぁ?とも思ったけど、そのまま読書続行。

今回は、一人の刑事が亡くなり、またある一人が姿を消した。
理事官から呼び出された了は、将来僧侶になるという新たな相棒とともに、何も情報を与えられず、秘密裏に失踪した刑事の捜索を命じられる。
捜索を続けていくうち、了の愛する人たちの周りに不審な人物の姿が見え隠れし、捜査の妨害が始まる。次第に真相に近づく二人に、巨大な謎の組織が立ちはだかる。

最後には、警察を辞めた冴のあの発砲事件の真相までもが明るみに・・・

そして、最後に病に倒れた父に会うため故郷へ戻る・・・

ついにお父さんと和解か?と思って読み始めた『帰郷』。

故郷へ戻った了は、父の本当の和解ができないまま見送る。
父の葬式の日に、ちょうど父が解決できなかった事件が時効となった。その事件の被害者の息子が突然現れ、事件を調べて欲しいと訴える。
故郷にいる間、捜査権を持たない了だったが、父が解決できなかった事件を一人で調べ始める。
そして調べていくうちに、父がたどり着いたが最期まで突き詰めることができなかった真相へとたどり着く。その真相は悲しい結末となってしまいました。

三つ子の魂百までとかって言うけど、子供の時に形成されてしまったものって大人になっても引きずってしまうもんなんかなぁ・・・今回のはちょっと歪みすぎてるとは思うけど。

そして了は、やっとここに来て本当の父の姿を理解する。
実は、父は鬼の鳴沢と呼ばれていたけれど、心の奥では刑事よりも家族の方が大切だと思っていたとっても人間味のある優しい人だったのですねぇ

堂場瞬一の『雪虫』・『破弾』

41mjqw0wael_sl160_

418j6gmsnvl_sl160_

ついに読み始めました堂場瞬一の鳴沢了シリーズ『雪虫』・『破弾』。

祖父・父を継いで刑事になった鳴沢了は、ある老女の殺人事件を調べていくうちに、過去に宗教集団の教祖をしていたことを突き止める。またその教団での過去の事件について、詳しい事情を知ろうとするが、祖父や父は知らぬ振りで、了をその事件から遠ざけようとする。
しかし、ついに了は過去の事件の真相にたどり着き、そこに祖父が関係していることを知ってしまう・・・

事件の真相を突き止め、そのことから祖父の死を黙認してしまった了は、警察を辞め、故郷を去る。
それでもやはり刑事を辞めることはできず。特別枠で警視庁へ復帰する。しかし、復帰の裏で父の姿が見え隠れすることに同僚らは敏感で、了はなかなか現場へ動員されず、資料室で古い事件の資料を掘り返す日々が続いていた。
そんな時、ホームレスの傷害事件が発生し、同じように同僚から疎まれて孤立している女刑事とコンビを組んで調査をすることになる。

ホームレスの事件も、調べていくうち、過去に発端があるのではないかと思われてきた。祖父の件もあり、過去の事件を掘り返すことが本当に良いことなのか・・・悩みながらも調べていくうち、またもや了にとっては辛い真相へたどり着いてしまう・・・

京都満喫の初詣

今日は、すっごい久しぶりに京都へ初詣に出かけてきました。

まずは、嵐山から嵐電に乗ってパワースポットで有名らしい『車折神社(くるまざきじんじゃ)』まで移動。ここで祈念神石の入ったお守りを購入。

O0480085410959879344

そのお守りを両手で挟んで願い事をすると願いが叶うらしいです。
私も早速お願いをしてみたところ、なんと手の中の石が暖かくなってビックリ。
なんか願いが叶いそう〜!
ここは芸事の神様でもあるらしく有名な俳優さん達もお詣りしているようでした。

その後、再び嵐山に戻り、竹林を抜けて源氏物語で有名な『野宮神社』をお詣り。ここで源氏物語のお守りがあったのですっごい欲しかったけど・・・車折神社でお守り買ったから喧嘩しないように今回は買いませんでした。ちょっと未練が残ったぁ

110103_135902

そして、嵐山に行くと必ず食べる『琴きき茶屋』の桜餅を頂いた後、京友禅の工房『久利匠』を見学して帰ってきました。京友禅の工房についてはアメブロの方に書いてますので、もし興味があればそちらをご覧ください!

110103_144901

なんだか京都らしいお正月を満喫した感じやわ〜

明けましておめでとうございます!

101231_1949010001_2


明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

本年は激動の一年となりそうです・・・

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ