最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

初体験!

芸文センターでの定期演奏会の後、アクタの一階にある『高辰』というお寿司屋さんで、冬限定の『蒸し寿司』を食べてきました。
実は、蒸し寿司って初体験だったんですぅ。
フワフワの卵の下に穴子寿司が入ってるんだぁ。温かいお寿司もあるのね。おいしかったぁ〜
久しぶりに茶碗蒸しも食べられたし、お寿司であったかくなっちゃったわ。


寿司 高辰 寿司 / 西宮北口駅

夜総合点★★★★ 4.0


横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』

Edaba1909fa0fb8543dbf110l

読み終わりました、横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』。

北関東新聞の記者悠木は、同僚の元クライマーの安西から、危険な衝立岩へ登ることを誘われる。なぜ衝立岩なのかと思いながら、強く誘われる安西に押されて一緒に登る約束をするが、出発日の夜に、日航機が御巣鷹山へ墜落する事件が発生する。安西と連絡が取れないまま、悠木は巨大事故の全権を任される。事件の取材に追われるなか、一人山へ向かったはずの安西が予想外の場所で倒れて病院へ運ばれたことを知る。
大きな事件の全権という責任に押しつぶされそうになりながら、社内での確執、また親子の関係にも苦悩する日々。そんな中で、罹災者の家族や同僚の家族らから、記者としてどう新聞を作っていくかを考えさせられていく。


おいしい鍋

先日、六甲山へ出かけた帰り道、王子公園の近くになる『石鍋さはら』というお店に立ち寄りました。

お店の前の駐車スペースには3台ほど車を停めることができたので、駅前だけど駐車場を探さずに入店できました。
運転しない私だけ、マッコリを飲みながら、まずはチャンジャやチヂミから。チヂミはエリンギとチーズが入ったもので厚みがあってちょっぴり甘みのある珍しいものでした。こんなの初めて!

101123_191601

お鍋の方は辛みの効いた味で私好み!
友人にはちょっと辛かったようで、唐辛子を選り分けながら食べてました ( ´艸`)プププ

101123_192601

Ts3s0001_2

鍋の最後はやっぱりラーメンでしょ!しかし、石焼きビビンバも頼んでいたので、量が多くて死にそうになりました。でもどっちも食べたかったんだもん・・・
少し残したけど、どちらもおいしかったです!

Ts3s0002

さすがに満腹だったので、食後のデザートはなし。めずらし〜い(*^m^)

石鍋さはら 韓国料理 / 王子公園駅灘駅岩屋駅
夜総合点★★★★ 4.0


六甲でアートを楽しむ!

23日、六甲へ紅葉を楽しみに出かけたのですが、
ちょうど約2ヶ月に渡って開催されていた「芸術散歩2010 六甲ミーツ・アート」の最終日に当たり、行く先々でいろんな展示を楽しむことが出来ました!

その中で、だんどつ面白い展示は、高山植物園とオルゴールミュージアムの間に自ら展示されていた?蓑虫のお兄さん!
巨大蓑虫の中にはお兄さんが入っていて、見ている人たちと楽しく会話をしていました。トイレも食事も我慢しながら2ヶ月がんばって蓑虫の中に入ってぶら下がっていたそうです。

彼の蓑虫は一番人気で、ミーツ・アート大賞を受賞して50万をゲットしたようです。
よかったねぇ〜(v^ー゜)ヤッタネ!!
あまりにも面白くて斬新な展示で、私もこの蓑虫を見れただけでも、六甲に来た甲斐があったわぁって思っちゃいましたぁ
101123_153701

他に、あちらこちらにひっそりといる人形たち。オルゴールミュージアムの階段の踊り場に向かってひっそりといたり、展望台の階段の足下、そしてオルゴールと同じ形でいたり、

101123_155201

101123_180302

101123_1642020001

それから、トイレに入ると、牛乳石鹸の箱から石鹸で出来た牛が姿を見せていたり、

101123_154801

101123_165001

六甲枝垂れを下からライトアップしたり、

101123_1742010001

101123_1743020001

これでもアートのほんの一部に過ぎなくて、もっともっと沢山のアートが展示されていたようです。
今回はアート目的ではなかったけど、行く先々で色んなアートに出会って、楽しい一日になりました!

散歩

散歩
散歩
散歩

昨日は暖かかったので、母と施設周辺を散歩しました。
公園の木や街路樹が綺麗な色になってたよ

誉田哲也の『武士道セブンティーン』『武士道エイティーン』

41gbi8evel


Img_1418040_60921572_2

読み終わりました、誉田哲也の『武士道セブンティーン』、『武士道エイティーン』。

『武士道シックスティーン』の続きです。
好敵手となった早苗と香織は、同じ高校で良きライバル、良き友人としてお互いが大事な存在になっていた。
しかし、親の仕事の関係で早苗は九州へ転校。早苗は香織に内緒で、剣道の名門校へ入学し、そこで、新しい友人のレナと出会う。
その高校で剣道をやっているうちに、勝負重視の剣道に違和感を感じはじめ、自分の求める剣道との狭間で悩み始める。
その後、早苗は彼女独特の足捌きが原因で足を負傷。しかし、それを知った剣道部の顧問は、早苗の気持ちを尊重し、早苗と香織の対決を強行。二人は対決するが、対決途中に早苗の足が悪化し、試合は香織が勝利し、二人の対決は終わる。

その後、二人は高校を卒業。
香織は剣道で大学に進学し、早苗は浪人生活。そして早苗は足を治す為に、剣道から遠ざかった生活をしていた。しかし、香織と後輩の関係の仲介をしたことをきっかけに、香織は早苗に剣道を続けて欲しいという願いを伝える。

剣道を通して、人は色々なことを学び、そして大切なものを知る。
本を読みながら、またもや読みながら涙した私でしたぁ。

いい汗かきましたぁ!

今日は、両親が利用する介護施設のクリーンDAY。

年に4回、今年最後のお掃除DAYです。施設スタッフと家族会で施設周辺の清掃を行います。
家族会の役員をしている私ですが、出勤のために役員会を欠席したりして、ほとんど名ばかり状態。
役員会の方達は年配の方が多いので、私はこういう労働ぐらいしか役に立てないので、今回は、会社を早退して参加しました。

寒いかと思っていたら汗をかくほどで、思わず上着を脱いでの作業になりました。
施設の外側や植え込みあたりの雑草を抜いたり、落ち葉の清掃を行い。始める前からは見違えるほど綺麗にすっきり。集めた雑草や落ち葉はゴミ袋で山積み状態。

101117_142801


101117_144501


101117_144901

参加した人たちは、心地よい汗をかいて、笑顔で作業終了となりました。
短い時間やったけど、みんなよく働きました! お疲れ様でした〜!

フレンチで部活!

昨日は、天六にある『Botanique(ボタニック)』というフレンチのお店で部活でした!
今回の参加は、edyさん、にっしゃん、えりりん、ジュリーさん、山さん、私の6名。

お店は通りから入った静かな通りに面してました。一瞬、通り過ぎてしまった・・・( ´艸`)プププ

お店には私たちだけだったので、店の雰囲気にはそぐわない昭和な話で盛り上がりながら、おいしい食事をしました。
エゾ鹿の生ハムがあったり、ダイコンがパスタ風にボロネーゼになったもの、ダッチオーブンで煮込まれた牛ホホ肉だったり、めずらしいメニューでのものが多かったなぁ。
お店の方は一人だけだったので、たぶん彼のこだわりの賜でしょう!
ラム肉苦手の私は、ちょっとパテは苦手やったけど、他のものはとってもおいしかったです。

Pap_0107


Pap_0106


Pap_0105


Pap_0104


Pap_0103


Pap_0102

ゆっくりと食事をした後は、梅田に移動し、テルさんと合流。
デザートを頂きながらの部活です。
先月は名古屋行きだったので、みんなの本が貯まってて・・・ご覧の通りの山積みです。
毎度のごとく、行きよりも帰りの方が重くなって帰ってきました( ´艸`)プププ

Pap_0101


Pap_0100

テルさんは、本だけでなく私の使わなくなったワコムのペンタブレットというお土産もあったので、またもや大荷物を抱えて帰って行きました。

さて来月はもう12月。次の部活は忘年会です!
12月の第一週目を予定してるけど、名古屋組は参加できそうかなぁ?

部活の食マップはこちらをクリック

森巣博の『蜂起』

Ea36d7d3027f115a4082c2fcbb656607a6a

読み終わりました、森巣博の『蜂起』。

まさにタイトル通りの内容。
懲戒免職され家族にも見放された警視、会社の派閥争いに巻き込まれてリストラを免れるためにセクハラを受け入れたOL、リストカットを繰り返す女子高生、政治結社くずれの男、ホームレスの集団・・・

たまりに貯まった社会や政治、国に対しての不満が爆発し、誰も止めることが出来ないかのような暴動が起こる。しかし、国はそれを予想外の方法で制圧しようと考える。

人間いろいろ鬱積するとやっぱり爆発してしまうものなのよねぇ・・・
不満は貯めないほうがいいね

心の問題

以前、一緒に働いていた人の奥さんから喪中ハガキが届いた。

私が仕事を辞めた後に、心の問題で発作を起こし、療養を続けていると聞いていた。
その後、一進一退の状態でありながら、カウンセラーの仕事を始めたり、私のブログにも書き込みをしてくれたり、会えないけど年賀状のやりとりは続いていたのですが、しばらく前から体調不良でカウンセラーの仕事をお休みしていた。

そして届いた喪中ハガキ・・・

心の闇は深くて、私なんかでは推し量れない大きな問題です。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ