最近のトラックバック

« 運動会日和 | トップページ | 酒蔵ルネッサンス巡り »

誉田哲也の『武士道シックスティーン』

読み終わりました、誉田哲也の『武士道シックスティーン』。

剣の道を脇目もふらずにまっしぐらに突き進み、勝つことだけにこだわり続けていた香織は、ある大会で無名の選手早苗に負けてしまう。なぜ自分が負けたのかを知りたい香織は、女子校に進学し、そこで自分が負けた早苗を再会する。
自分より強い相手であるはずの早苗は、のんびり剣道を楽しむ脳天気な女子高生だった。
早苗らと、高校で剣道をしているうちに、周りの全てを敵と考え、ただ一人で剣の道を突き進む香織は、次第に自分が何のために剣道をしているのか迷い始める。
迷い続けていくうち、初めて自分の周りを見て、周りを敵とみなし自分一人で戦っていると思いこんでいた、自分の愚かさに気づき、剣道を始めた頃の純粋な気持ちを思い出す。

やっと理解しあえた香織と早苗だったが、早苗は家庭の事情で転校するこになり、二人は離ればなれになってしまう。しかし・・・

タイトル通り、まさに青春ストーリーですね!

« 運動会日和 | トップページ | 酒蔵ルネッサンス巡り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408976/37016510

この記事へのトラックバック一覧です: 誉田哲也の『武士道シックスティーン』:

« 運動会日和 | トップページ | 酒蔵ルネッサンス巡り »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ